プレドニゾロンのはたらき|幅広い活躍を見せるプレドニゾロン/動物にも効果あり?

幅広い活躍を見せるプレドニゾロン/動物にも効果あり?

プレドニゾロンのはたらき

様々な薬

ノミやダニは非常に小さく、肉眼で確認することは難しいでしょう。
しかし、そんな小さい存在にも関わらず、犬や猫たちにもたらす被害は絶大です。
ノミやダニが体に付着してしまうと、強い痒みを生じてしまうほか、皮膚の炎症や栄養失調など、さまざまな症状を引き起こしかねないのです。
ペットたちにとっては痒みだけでも大きなストレスに感じてしまいます。
自身の手でどうにかすることもできないため、飼い主がきちんと駆除をしてあげなければ、いつまでもペットたちは苦しみ続けるのです。

犬を飼っている人は毎日散歩に連れて行きますし、猫を飼っている人は室内と室外を自由に行き来できるようにしていることが多いです。
どんな理由であれ、ペットが外に出たときにノミ・ダニが付着することが多く、そのまま持ち帰ってしまうのです。
ふだん以上に体を掻きむしったり、地面に体をしつこくこすりつけている場合はすでに炎症を起こしている可能性があります。
異変に気づいたら、すぐプレドニゾロンを使って治療してあげましょう。

プレドニゾロンは幅広い症状に対して有効な反面、副作用が強いことで有名です。
人間が服用した場合、消化不良や吐き気などの副作用を起こす可能性があります。
動物たちに投与した場合も、やはり副作用が出る可能性はあります。
しかし、人間よりも副作用が出る可能性ははるかに低く、犬や猫に副作用が見られたという報告はあまりありません。
とはいえ、絶対副作用が起きないというわけでもないので、もし投与してから何らかの異変があった場合は獣医さんに相談してみましょう。